タイプ

結婚式のドレスに関する豆知識

結婚式で女性が着るドレスはウエディングドレスと言われ、白が一般的ですがスタイルとしては色々なものがあります。
型を出しているタイプのマーメイドスタイルは鎖骨や首が見えるということもあり非常に女性的に見えます。
それからAラインのものは、可愛らしくスタイルが良く見られます。
それから、ウエストラインが少し高めに設定されているものは足を長く見せる効果があるのです。
もちろんウエディングドレスだけでなく、ブーケやグローブ等もあります。
ドレスのデザインももちろん色々ありますが、色についても最近は種類が多く、白だけでなく、ピンクや青、また生花をあしらったものなどもあります。
パールやビーズ、レースなどは女性らしく見せるパーツですからとりわけウエディングドレスには人気のある要素です。

ウエディングドレスについて工夫しておきたいこと

ウエディングドレスを着る時に工夫したいポイントとして、まず1番にあげられるのは費用的な面です。
通常レンタルするとしても10万円~100万円、購入するとしても200万円~500万円程度の費用が必要になります。
ですがウエディングドレスだけでなく、式などにも費用がかかります。
ですから、近年は費用を抑えるために中古のドレスを購入する人も増えています。
中古の物なら1万円程度で購入できるケースも有ります。
他にも工夫できるポイントはあり、自分で縫ってウエディングドレスを作る人もいます。
刺しゅうを施しているものなどはかなり高い値段ですが、自分自身で縫い付けをすればその分費用を抑えることが出来ます。
ウエディングドレスに関してはこのように工夫することで費用を抑えることも出来ます。